なき

  1. しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実【季語=石鹸玉(春)】

    しやぼんだま死後は鏡の無き世界佐々木啄実1日に何度も鏡を見てしまう。玄関で、トイレで、エレベーターで。化粧崩れや髪の乱れを確認するためでもあるが、それ以前に「自分がもう1人いる」というのが単純に楽し…

  2. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】

    コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ大橋晄 週末…

  3. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井

    来たことも見たこともなき宇都宮)筑紫磐井ハイクノミカタ、再…

  4. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】

    恋の句の一つとてなき葛湯かな岩田由美(『春望』) 子供の頃…

  5. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】

    春愁は人なき都会魚なき海)野見山朱鳥) 人っ子ひとりいない…

  6. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】

  7. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】

  8. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】

おすすめ記事

  1. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  2. 【夏の季語】たかんな
  3. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  4. 【冬の季語】数え日
  5. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】

Pickup記事

  1. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  2. 【冬の季語】寒の内
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  4. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  5. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
PAGE TOP