光る

  1. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】

    小鳥来る薄き机をひからせて)飯島晴子 「薄き机」は机を横から見た把握であり、「机をひからせて」は、特に机が薄いのであれば、上あるいは斜め上から机の面を見た把握である。だから「薄き机をひからせて」には…

  2. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】

    貝殻の内側光る秋思かな山西雅子 先週講義に行ってきたことを…

  3. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】

    風光りすなはちもののみな光る鷹羽狩行 先週末、快晴のもと「…

  4. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】

    一天の玉虫光り羽子日和清崎敏郎「一天」という音の引き締まり…

  5. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】

    春宵や光り輝く菓子の塔川端茅舎(『川端茅舎全句集』)「光り…

おすすめ記事

  1. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
  3. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  4. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義

Pickup記事

  1. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  2. 【春の季語】旧正
  3. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  5. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
PAGE TOP