八木三日女

  1. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)銀座は不思議な街である。デパートやブティックの賑わう日中、日本有数の歓楽街と化す深更。どこか静謐な雰囲気の漂う明け方と、めまぐるしく姿を…

  2. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

    スタールビー海溝を曳く琴騒の八木三日女(「Unicorn」創刊号 昭和43…

  3. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

おすすめ記事

  1. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】
  2. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  3. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  5. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬林檎
  2. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  3. 【新年の季語】元旦
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
  5. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
PAGE TOP