割る

  1. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】

    厚餡割ればシクと音して雲の峰中村草田男(『音数で引く俳句歳時記 夏』)引用は面白い例句が多いと噂の歳時記から。個人的には草田男のあまたある句の中でかなり好きな方の一句です。「厚餡」はこの句より前に用…

  2. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

    背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く村山砂田男(『夏炉冬扇』)…

  3. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】

    胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋鷹羽狩行(『自選自解 鷹羽狩行集』白鳳社)…

  4. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】

    クローバーや後髪割る風となり不破 博3月14日から夏時間(…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】四月
  2. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  4. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  5. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 

Pickup記事

  1. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  2. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  3. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  4. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
PAGE TOP