噴水

  1. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】

    折々己れにおどろく噴水時の中)中村草田男 草田男は第8句集『時機(とき)』に収録された昭和37年の作品以降、句集として作品を発表し、世に問うことはなかった。むしろ、草田男はそもそも句集刊行というもの…

  2. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】

    噴水に睡り足らざる男たち 澤好摩噴水の周囲のベンチに、うと…

  3. 【夏の季語】噴水

    【ミニ解説】公園や庭園や広場にある、水を噴き上げる装置です。【噴水…

  4. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱

    【解説】藪蚊や縞蚊など、いろいろな種類がいます。まとまって飛んでいるものを「蚊柱」と昔から呼んでき…

おすすめ記事

  1. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  4. 【秋の季語】銀漢
  5. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】

Pickup記事

  1. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  2. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  3. 【冬の季語】冬の薔薇
  4. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  5. 【夏の季語】水中花/酒中花
PAGE TOP