夕焼

  1. 金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし【季語=金魚(夏)】

    金魚大鱗夕焼の空の如きあり松本たかし4月のあと、1か月のお休みをいただき、そして6月……と思っていたのに、水曜のペースに慣れないうちにもう月末になってしまった。梅雨にも入らず、荒々しく気温が変わって…

  2. 【冬の季語】寒夕焼

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】寒夕焼【ミニ解説】「冬夕焼」のこと。…

  3. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

    夕焼や答へぬベルを押して立つ久保ゐの吉)七月が来た。梅雨は…

  4. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛

    夕焼けに入っておいであたまから妹尾凛ゴールデンウィークも終…

おすすめ記事

  1. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  2. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】
  3. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  5. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】

Pickup記事

  1. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  3. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  5. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
PAGE TOP