安住敦

  1. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】

    逢曳や冬鶯に啼かれもし安住敦(『筑摩文学全集』) 冬の鶯は、「ホーホケキョ」とは啼かない。「チャチャチャ」と啼く。俳句では「笹鳴き」という。この啼き声は、舌打ちのようにも聞こえるし、笹藪のざわめきの…

  2. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

    手に負へぬ萩の乱れとなりしかな安住敦(『午前午後』) 萩は…

  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦

    【第31回】田園調布と安住敦広渡敬雄(「沖」「塔の会」)田…

  4. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】

    鳥帰るいづこの空もさびしからむに安住敦四月最後の月曜日。そ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  2. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#3】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#11
  5. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

Pickup記事

  1. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  2. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  3. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  4. 【冬の季語】冬桜
  5. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】
PAGE TOP