小澤實

  1. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】

    子燕のこぼれむばかりこぼれざる小澤實今日は6月最初の金曜日。はっきりしない東京の天気である。来週から梅雨入りと言われているが、最近、都内にスコールが多いので、とっくに梅雨明けしたような気分である。…

  2. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】

    子燕のこぼれむばかりこぼれざる)小澤實飛来・抱卵から成長し…

  3. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】

    煮し蕗の透きとほりたり茎の虚)小澤實煮物の蕗が透き通ってい…

  4. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

    本の山くづれて遠き海に鮫小澤實(『砧』) 創作にかかわる人…

  5. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】

    舌荒れてをり猟銃に油差す)小澤實https://www.…

  6. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】

  7. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)

  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】

  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ

  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き

  11. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  2. 【夏の季語】海の家
  3. 【冬の季語】室咲
  4. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  5. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】月
  2. 【冬の季語】寒椿
  3. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  5. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
PAGE TOP