山口遼也

  1. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 

    美しきものに火種と蝶の息)宇佐美魚目『薪水』一見関係なさそうな二つのことばを並べてさっさと共通点を提示する。取り合わせにおける一つの究極形であり、禁じ手のようでもあります。ふつう「美しきもの」と直接…

  2. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 

    対岸の比良や比叡や麦青む)対中いずみ『水瓶』つい先日友だち…

  3. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 

    眼前にある花の句とその花と)田中裕明『櫻姫譚』自然のよろし…

  4. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 

    赤福の餡べつとりと山雪解)波多野爽波『骰子』けっこうな甘党…

  5. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 

    桜貝長き翼の海の星)波多野爽波『湯呑』海の上に浮かぶ星の、…

  6. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 

  7. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 

  8. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 

  9. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 

  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】

おすすめ記事

  1. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  2. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  3. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  4. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦

Pickup記事

  1. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  2. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  3. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  4. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】
  5. 【#23】懐かしいノラ猫たち
PAGE TOP