1. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】

    寒いねと彼は煙草に火を点ける正木ゆう子(『水晶体』) 人は沈黙を恐れる。知り合いの誰かと電車を待っている時やエレベーターで二人きりになった時など。何でも良いから言葉を発しなければならないのに浮かばな…

  2. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】

    とれたてのアスパラガスのやうな彼山田弘子春を告げる鳥がウグ…

  3. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】

    愉快な彼巡査となつて帰省せり千原草之(ちはらそうし))喉元…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  4. 【春の季語】春節
  5. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】

Pickup記事

  1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  2. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  3. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  5. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
PAGE TOP