攝津幸彦

  1. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】

    弟へ恋と湯婆ゆづります攝津幸彦(『鹿々集』) 兄にとって弟は最初のライバルである。長男であればなおさらだ。母親の乳房も時間も全て自分のものだったのが、ある日突然奪われてしまうのだ。弟の出産により、親…

  2. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】

    秋海棠西瓜の色に咲にけり松尾芭蕉(角川ソフィア文庫『芭蕉全句集』)…

  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

    幾千代も散るは美し明日は三越攝津幸彦(現代俳句文庫『攝津幸彦句集』)…

  4. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

    露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな攝津幸彦難解と言われているのを…

  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】

    ◆1983年生まれの俳人・西村麒麟くんと、セクト・ポクリット管理人・堀切のポッドキャスト番…

  6. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】

  7. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦

  8. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】歌留多
  2. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  3. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
  4. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  5. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】

Pickup記事

  1. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  2. 【冬の季語】日記買う
  3. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  4. 【新年の季語】初詣
  5. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP