新潟

  1. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】

    中干しの稲に力を雲の峰本宮哲郎今回より短期の連載、拙い文ですがどうぞお付き合いください。さて、本欄を担当させていただくことになったものの、一体どんな句を選べばいいのか、いきなり大きな壁にぶつ…

  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚

    【第62回】佐渡と岸田稚魚広渡敬雄(「沖」「塔の会」)佐渡…

  3. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】

    男衆の聲弾み雪囲ひ解く)入船亭扇辰 新潟には行ったことがな…

  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十

    【第37回】龍安寺と高野素十広渡敬雄(「沖」「塔の会」)龍…

おすすめ記事

  1. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  2. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  5. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】

Pickup記事

  1. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  3. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  4. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
PAGE TOP