早梅

  1. 【冬の季語】早梅

    【冬の季語=晩冬(1月)】早梅「立春」を待たずに咲き始める「梅」の花のこと。「梅早し」とも。早梅をたずねて山谷を歩き回ることを「探梅」という。【早梅(上五)】早梅やひとり…

  2. 【春の季語】梅

    【春の季語=初春(2月)】梅まだ雪が残っていることもある「二月」、…

  3. 【冬の季語】探梅

    【冬の季語=晩冬(1月)】探梅春にならぬ内から「早梅」を探って(「梅林」で…

  4. 【冬の季語】探梅行

    【冬の季語=晩冬(1月)】探梅行春にならぬ内から「早梅」を探って(「梅林」…

  5. 【冬の季語】梅探る

    【冬の季語=晩冬(1月)】梅探る「探梅」をすること。…

  6. 【冬の季語】梅早し

おすすめ記事

  1. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  2. 【春の季語】蛇穴を出る
  3. 【冬の季語】雪掻く
  4. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  5. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚

Pickup記事

  1. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
PAGE TOP