本歌取り

  1. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  

    牡丹ていっくに蕪村ずること二三片)(加藤郁乎『牧歌メロン』1970年本日は加藤郁乎の句を取り上げる。掲句は蕪村の「牡丹散つて打ち重なりぬ二三片」を踏まえたパロディであろう。「蕪村ずる」という動詞化も…

  2. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】

    してみむとてするなり我も日傘さす)種谷良二 ゴッホが好きな…

  3. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】

    死はいやぞ其きさらぎの二日灸)正岡子規)下五が春の季語。こ…

  4. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】

    春は曙そろそろ帰つてくれないか櫂未知子女の部屋で一夜を共に…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  2. 【春の季語】春雪
  3. 【夏の季語】冷房
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  5. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬籠
  2. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  3. 【秋の季語】朝顔
  4. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  5. 【春の季語】落椿
PAGE TOP