板倉ケンタ

  1. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀

    百合のある方と狐のゐる方と小山玄紀最終回なので、書きたいことを全部書こうと思う。最近行っているのは、「撲滅運動」。身辺の句会から、面白くない句を面白くないときちんと言うようにして、草の根的に撲滅しよ…

  2. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】

    青空の暗きところが雲雀の血高野ムツオ先日、飛鳥に行ってきた…

  3. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】

    吾も春の野に下りたてば紫に星野立子先日、縁あって星野椿先生…

  4. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子

    祈るべき天と思えど天の病む石牟礼道子 先日水俣に行ってきた…

  5. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

    誰も口にせぬ流氷の向かうの地塩崎帆高前回は友人四人で屋根替…

  6. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】

  7. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】

  8. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】

  9. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】

  10. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】

おすすめ記事

  1. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  2. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
  3. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  4. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  5. 【新年の季語】餅花

Pickup記事

  1. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  2. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】
  3. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  4. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  5. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
PAGE TOP