森賀まり

  1. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

    夜の子の明日の水着を着てあるく森賀まり2018年9月9日、山口昭男『木簡』の第69回(2017年度)読売文学賞受賞を祝う会が神戸で開かれた。当時、俳句をはじめて2年ほどの自分にとって、名前は聞いたこ…

  2. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD

    みなさん、パンはお好きですか? 俳句とパンをこよなく愛する吉田発酵さんに、パン愛を…

  3. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】

    湯の中にパスタのひらく花曇森賀まり掲句を一読して思い出した…

  4. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 

    家濡れて重たくなりぬ花辛夷)森賀まりこれを書いている今日、…

  5. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

    目のなかに芒原あり森賀まり田中裕明(『夜の客人』) 作者の…

  6. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】凍蝶
  2. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 残る色明日にたゝみて花蓮 佐藤冨士男【季語=花蓮(夏)】
  4. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月19日配信分】

Pickup記事

  1. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  2. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  3. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  5. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】
PAGE TOP