火事

  1. 【冬の季語】火事

    【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】火事火によって建築物などが消失すること。多くはタバコの不始末、焚き火などの火の使用、そして放火などの人為的な理由で起こる。季語としては、乾燥していて火事の発生率が高く…

  2. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄

    ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺塚本邦雄…

  3. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】

    デパートの旗ひらひらと火事の雲横山白虹新宿や銀座、日本橋な…

  4. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

    内装がしばらく見えて昼の火事)岡野泰輔(句集「なめらかな世界の肉」(201…

  5. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】

    火事かしらあそこも地獄なのかしら櫂未知子(『櫂未知子集』『カムイ』)…

おすすめ記事

  1. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  2. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  3. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  4. 山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子【季語=山椒の実(秋)】
  5. 【夏の季語】草いきれ

Pickup記事

  1. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  2. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  3. 【冬の季語】ラグビー
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  5. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
PAGE TOP