1. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】

    留守の家の金魚に部屋の灯を残し稲畑汀子1か月ぶりの復帰をして、また1か月、ハイクノミカタを書いていきます。よろしくお願いします。それにしても5月は本当に永くて、連休がはるか昔のように思えるの…

  2. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】

    啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ磯貝碧蹄館(『道化』)浅蜊は…

  3. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

    凍る夜の大姿見は灯を映す一力五郎私に影響を与えた「駒草」の…

  4. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】

    雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな村上鬼城いきなりだがこの場をお…

  5. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】

    灯を消せば部屋無辺なり夜の雪小川軽舟(「俳句四季」2019年1月号)…

  6. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】

  7. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】

  8. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】

  9. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太

  10. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】

  11. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

  12. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】

おすすめ記事

  1. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  2. 【冬の季語】風邪
  3. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  4. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  5. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 

Pickup記事

  1. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  2. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  3. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  4. 【春の季語】沈丁花
  5. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
PAGE TOP