燃える

  1. 妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一

    妹に告げきて燃える海泳ぐ郡山淳一(『半獣神』(『俳句研究』昭和48年11月号内 第一回「五十句競作」応募作))「燃える海」を比喩と読むのは容易だが、この句には燃え盛る水面を眼前に表出させる重みがある…

  2. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄

    いつせいに柱の燃ゆる都かな三橋敏雄 12月最初のハイクノミ…

  3. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】

    晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ篠田悌二郎 今週、軽井沢へ仕…

  4. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】

    寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ小路智壽子(『絵屏風』) 寝化…

  5. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

    梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ篠田悌二郎(『連作俳句集』昭和9年)…

おすすめ記事

  1. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  3. 【新年の季語】松七日
  4. 【春の季語】啄木忌
  5. 【冬の季語】大年

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  2. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  4. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  5. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
PAGE TOP