生まれる

  1. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】

    もの書けば余白の生まれ秋隣藤井あかり(『封緘』)日本人独特の美意識に「余白」というものがある、という紋切り型のものいいがある。そう言われるとなんかわかったような気になるやつで、絵画や書道などではよく…

  2. 鳥の恋漣の生れ続けたる       中田尚子【季語=鳥の恋(春)】

    鳥の恋漣の生れ続けたる中田尚子))近所の鳥たちがそわそわし…

  3. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】

    冬真昼わが影不意に生れたり桂信子(「草苑」2004年12月号)…

  4. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】

    みちのくに生まれて老いて萩を愛づ佐藤鬼房(『幻夢』2004年)…

  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3

    【新連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#3気鋭の歌人のみなさま…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP