白息

  1. 【冬の季語】白息

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】白息【解説】冬の季語「息白し」の派生形。【白息(上五)】白息を掌にかけて今日はじまりぬ 石田波郷白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太白息のゆるゆる読むや…

  2. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】

    白息の駿馬かくれもなき曠野飯田龍太私は柄にもなくNHKの朝…

  3. 【冬の季語】息白し

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】息白し【余談】突然ですが、クイズ。…

おすすめ記事

  1. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  2. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  4. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  2. 「体育+俳句」【第3回】畔柳海村+サッカー
  3. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
  4. 【夏の季語】サイダー
  5. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
PAGE TOP