1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】

    起座し得て爽涼の風背を渡る肥田埜勝美毎年のことですが、立秋を過ぎてこの暑さ。身体に堪えますねぇ、ホントに。目にはさやかに見えねどもとは言いますが、季節の流れが牛歩のごとく感じます。個人的なこ…

  2. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 

    初燈(とう)明(みょう)背にあかつきの雪の音)髙橋千草(ちぐさ)(北海道俳…

  3. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

    背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く村山砂田男(『夏炉冬扇』)…

おすすめ記事

  1. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  2. 【夏の季語】筍
  3. 【冬の季語】古暦
  4. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  5. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也

Pickup記事

  1. 【新年の季語】どんど焼
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月24日配信分】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  4. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  5. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
PAGE TOP