自然

  1. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】

    農薬の粉溶け残る大西日井上さち農薬散布が終わり、これで一日の仕事が片付いた。そしてふと粉剤を溶かしていた容器の底を見ると、完全には溶けきらなかった粉が残っていることに気づいたのである。よく混ぜたつも…

  2. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂

    【連載】ゆれたことば #3「被災地/被災者」千倉由穂(「小熊座」同…

  3. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何

    【連載】ゆれたことば #2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  2. 【春の季語】浜下り
  3. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  4. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  5. 【新年の季語】注連の内

Pickup記事

  1. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  2. 【春の季語】葱の花
  3. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  4. 【冬の季語】室の花
  5. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
PAGE TOP