1. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    この人のうしろおびただしき螢)飯島晴子 こう言いながらも、蛍は一匹だに見えていないのだと思われる。夥しい数の蛍が「この人」のうしろに完全に密封されているような緊張感が、掲句にはある。 掲句の…

  2. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子 初めて晴子の句集を読んだ…

  3. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子) 昭和45年の作。晴子は…

  4. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

    まどごしに與へ去りたる螢かな久保より江(くぼ・よりえ)寒暖…

  5. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

    男欲し昼の蛍の掌に匂ふ小坂順子当該句は上五の「男欲し」に驚…

  6. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】

  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3

  8. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売

おすすめ記事

  1. 【春の季語】葱の花
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  4. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  5. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】

Pickup記事

  1. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  2. 【春の季語】春野
  3. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  5. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
PAGE TOP