1. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    この人のうしろおびただしき螢)飯島晴子 こう言いながらも、蛍は一匹だに見えていないのだと思われる。夥しい数の蛍が「この人」のうしろに完全に密封されているような緊張感が、掲句にはある。 掲句の…

  2. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子 初めて晴子の句集を読んだ…

  3. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

    螢とび疑ひぶかき親の箸)飯島晴子) 昭和45年の作。晴子は…

  4. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

    まどごしに與へ去りたる螢かな久保より江(くぼ・よりえ)寒暖…

  5. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

    男欲し昼の蛍の掌に匂ふ小坂順子当該句は上五の「男欲し」に驚…

  6. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】

  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3

  8. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売

おすすめ記事

  1. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  2. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  3. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 
  4. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  5. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】

Pickup記事

  1. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  5. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
PAGE TOP