1. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】

    誰をおもひかくもやさしき雛の眉加藤三七子(『無言詣』)3月3日は桃の節句である。古代中国では、桃は邪気を祓うと考えられており、その花の開花する時期に定められた式日であった。桃は花も実も若い女性を思わ…

  2. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】

    誰も口にせぬ流氷の向かうの地塩崎帆高前回は友人四人で屋根替…

  3. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】

    けふあすは誰も死なない真葛原)飯島晴子 では明後日は誰かが…

  4. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】

    小燕のさヾめき誰も聞き流し中村汀女 今日は6月最初の金曜日…

  5. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】

    鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし)後藤比奈夫浪人時代、論文模…

  6. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】

  7. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】

  8. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】

おすすめ記事

  1. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  2. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇
  4. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  5. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10
  2. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  3. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  5. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
PAGE TOP