連作

  1. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇

    毎月第1日曜日は、歌人・服部崇さんによる「新しい短歌をさがして」。アメリカ、フランス、京都そして台湾へと動きつづける崇さん。日本国内だけではなく、既存の形式にとらわれない世界各地の短歌に思いを馳せてゆく時評/エッセイです。…

  2. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#40】「山口誓子「汽罐車」…

  3. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇

    【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇(「心の花」同人)…

  4. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】

    梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ篠田悌二郎(『連作俳句集』昭和9年)…

  5. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

    寒天煮るとろとろ細火鼠の眼橋本多佳子(『橋本多佳子全句集』)…

おすすめ記事

  1. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 彼が下げ夕張メロン上京す 太田うさぎ【季語=メロン(夏)】
  4. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】

Pickup記事

  1. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  3. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  4. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  5. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
PAGE TOP