1. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 

    とぼしくて大きくて野の春ともし)(鷲谷七菜子なにもないような空を見て俳句が詠めたらいいなと時々思う。たいていぼんやりと時間が過ぎるだけなのだが。子供の頃、遊んだ帰り道や公園は特別な遊び道具があるわけ…

  2. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】

    卯月野にうすき枕を並べけり)飯島晴子 おおむね平らだが、枕…

  3. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】

    人とゆく野にうぐひすの貌強き)飯島晴子 前に書いた、飯島晴…

  4. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】

    夕立や野に二筋の水柱広江八重桜(「現代日本文学全集91現代俳句集」)…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  2. 【冬の季語】春を待つ
  3. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  4. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  5. 秋灯机の上の幾山河 吉屋信子【季語=秋灯(秋)】

Pickup記事

  1. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  4. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
  5. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
PAGE TOP