鎌倉

  1. 【秋の季語】星月夜

    【秋の季語=三秋(8〜10月)】星月夜  晴れて星の光が月のように明るい夜のこと。「星月夜」といえば、オランダの画家・ゴッホの代表作のひとつ。糸杉の向こうにぐるぐるとブルーの星空が蠢いている、独特のタッチに…

  2. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】

    鎌倉を驚かしたる余寒あり高濱虚子やはり地名の効きがよい。南…

  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子

    【第34回】鎌倉と星野立子広渡敬雄(「沖」「塔の会」)鎌倉…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬籠
  2. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  4. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  5. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】

Pickup記事

  1. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  2. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  3. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】
  4. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  5. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
PAGE TOP