阿部青鞋

  1. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋

    或るときのたつた一つの干葡萄阿部青鞋干葡萄というのはふだん、パンやクッキーに練り込まれていたり、袋にぎっしりと詰められていたりと、数個から数十個のセットで提供されることが多い。しかし、掲句はそのよう…

  2. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】

    春林をわれ落涙のごとく出る阿部青鞋近所の書店が阿部青鞋の俳…

  3. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋

    同じ事を二本のレール思はざる阿部青鞋(「ひとるたま」1983年 現代俳句協…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春月
  2. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  4. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と山口誓子

Pickup記事

  1. 【春の季語】初音
  2. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  3. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  4. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  5. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
PAGE TOP