1. 【春の季語】霞

    【春の季語=三春(2月〜4月)】霞乾燥していた冬から春に移り変わっていくにつれ、空気中に含まれる水分量も増えてくる。それにともなって、山や草などの姿がぼんやりと薄れて、のどかな春の景色となっていく。また、同…

  2. 【秋の季語】霧

    【秋の季語=三秋(8月~10月)】霧【ミニ解説】地面に近い空気が冷やされ、…

  3. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】

    霧晴れてときどき雲を見る読書()田島健一ニューヨークの残暑…

  4. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】

    遠くより風来て夏の海となる飯田龍太アメリカの5月31日はメ…

  5. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】

    指入れてそろりと海の霧を巻く野崎憲子一年余り前、新型コロナ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  3. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  5. 【秋の季語】虫籠/むしご

Pickup記事

  1. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  2. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  3. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 【新年の季語】獅子舞
PAGE TOP