香水

  1. 【夏の季語】香水

    【夏の季語=三夏(5月〜7月)】香水「汗」のにおいを消すために用いられることから、「香水」は夏の季語になっている。昔は女性の身だしなみでしたが、今では男性も使います。「香水」という言葉は、も…

  2. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】

    白衣とて胸に少しの香水を坊城中子(『櫓櫂』) 十数年前まで…

  3. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】

    香水の一滴づつにかくも減る)山口波津女 7年前の夏、京都に…

  4. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】

    香水や時折キッとなる婦人京極杞陽自分の香りを持っている女性…

  5. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】

    多国籍香水六時六本木佐川盟子参加しているメール句会で先日、…

おすすめ記事

  1. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  2. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  3. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  4. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  5. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】

Pickup記事

  1. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  2. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  3. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】
  4. 【春の季語】啄木忌
  5. 【春の季語】黄水仙
PAGE TOP