1. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳

    馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。石松佳石松佳の詩「絵の中の美濃吉」の一節を引いた。この詩が所載されている『針葉樹林』(思潮社・2020)の、その帯にも取り上げられている一節だ。「馬」や「喪失…

  2. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史

    GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ関悦史『俳壇』12月号の…

  3. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由

    このコーナーは不定期更新の自由な「提言」のコーナーです。セクト・ポクリットの「アゴ…

  4. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット

    不定期更新の自由な「提言」のコーナーです。セクト・ポクリットの「アゴラ=ひろば」。…

  5. 【馬の俳句】

    【馬の俳句】【解説】日本列島に馬が「輸入」されたのは、五世紀前後の時期、古墳時代中…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP