高浜虚子

  1. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】

    なく声の大いなるかな汗疹の児)高浜虚子 父は78歳でこの世を去るまでほとんど白髪がなかった。母(父にとっては妻)を亡くした最晩年の3年間にちらほら見えてきた程度。毛量もあまり変化がなかった。皺やシミ…

  2. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】

    年を以て巨人としたり歩み去る高浜虚子(たかはま・きょし)まさとし))…

  3. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)

    【連載】趣味と写真と、ときどき俳句と【#13-1】松山藩主松平定行公と東野、高浜虚…

  4. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由

    このコーナーは不定期更新の自由な「提言」のコーナーです。セクト・ポクリットの「アゴ…

  5. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】

    はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子一幅の日本画のように…

  6. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP