鴨来る

  1. 【冬の季語】鴨

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鴨冬になると「水鳥」としてよく見られる。北国より渡り来て、「渡り鳥」だが、ずっと日本に留まる鴨もいる。「鴨来る」は秋の季語、「引鴨」は初春の季語、「残る鴨」は晩春の…

  2. 【春の季語】鴨引く

    【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】鴨引く【ミニ解説】「引鴨」を…

  3. 【春の季語】引鴨

    【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】引鴨【ミニ解説】ずっと日本に…

  4. 【春の季語】鴨帰る

    【春の季語=初春〜仲春(2月〜3月)】鴨帰る【ミニ解説】「鳥帰る」…

  5. 【秋の季語】鴨渡る

    【秋の季語=仲秋(9月)】鴨渡る【ミニ解説】ずっと日本に留まる鴨も…

  6. 【秋の季語】鴨来る

  7. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】

おすすめ記事

  1. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  2. 【秋の季語】吾亦紅
  3. 【冬の季語】冬の日
  4. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  5. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  2. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  3. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  5. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
PAGE TOP