1898年生まれ

  1. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】

    わが家の見えて日ねもす蝶の野良佐藤念腹さとう・ねんぷく連休に入ったらすべてが取り返せると思うのも、それが裏切られるのも毎年のことだ。主に、自分の集中力の低下と、周到なGW特集のミステリードラマのライ…

  2. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】

    春惜しみつゝ蝶々におくれゆく三宅清三郎みやけ・せいざぶろう…

  3. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】

    朝寝楽し障子と壺と白ければ三宅清三郎みやけ・せいざぶろう桜…

  4. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】

    東風を負ひ東風にむかひて相離る三宅清三郎みやけ・せいざぶろう…

  5. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】

    行く雁を見てゐる肩に手を置かれ市村不先 今日は、2023年…

  6. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】

  7. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

おすすめ記事

  1. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  2. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  3. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  4. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】

Pickup記事

  1. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  3. 【春の季語】引鴨
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
PAGE TOP