季語・歳時記

【秋の季語】八月

【解説】一年のなかで最も暑く、そして長く感じられる月。学生は夏休みで、自由研究や受験勉強に勤しむことに。テレビをつければ、甲子園。中旬にはお盆休みがあり、早めの台風が到来することも。しかし何といっても、八月は「終戦の日」が真ん中に控えており、それゆえに戦争の記憶が召喚される月でもあります。

【八月】
八月のをはりのころを祭かな 今井杏太郎
八月の赤子はいまも宙を蹴る 宇多喜代子
八月がくるうつせみうつしみ 寺井谷子
八月のしずかな朝の出来事よ 鳴戸奈菜
八月の水平線の人柱 照井翠


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春めく
  2. 【春の季語】浅蜊
  3. 【春の季語】鴨帰る
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. 【春の季語】三月
  6. 【春の季語】復活祭
  7. 【春の季語】余寒
  8. 【春の季語】白椿

おすすめ記事

  1. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  2. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  3. 【冬の季語】寒の内
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  5. 【冬の季語】春近し
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  7. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  8. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  9. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
  10. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】

Pickup記事

  1. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  2. 【夏の季語】夏木立
  3. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】
  4. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  6. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  7. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  8. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  9. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  10. 【冬の季語】縄跳
PAGE TOP