ハイクノミカタ

きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】


きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて

松尾隆信


構図としては、動物園のキリンが「うろこ雲」をたべて生き長らえているとしたところが楽しい句である。

ただし、べつに魚の「うろこ」を食べているわけではなく(それはあんまりおいしくなさそう)、小分けにされているお菓子みたいな雲を、一日中、むしゃむしゃとひたすら食べているキリンの寿命は、25年以上ともいわれている。野生だと10年から15年くらい。

動物園のなかでは、ライオンやハイエナに襲われることはない。むしろ彼らは動物園の「同僚」なのであり、何の因果か、極東の地まで連れてこられて、檻のなかに容れられていることが、はたしてキリンにとっての幸せなのかどうかはわからない。動物園というのは、精神病院や美術館と同様に「展示する=人の目にさらす」ためのじつに近代的な装置なのである。

しかし、草食動物のキリンにとってみれば、人の目にさらされるだけで、生きながらえることができるのならば、けっして悪い話ではないのかもしれない。

とはいえ、安全な環境で満足な食事を得ながら寿命をまっとうすることは、いいことであるはずなのに、この「老ゆ」には、どこかしら淋しさもまた感じられる。全体として、ゆったりとした、安寧の時間が感じられるのがいい。

作者から伝え聞くところによれば、この句は不死男が亡くなる前年に、「氷海」小田原句会で不死男が出した「老」という題で作った句だそうだ。小田原句会には行けなかったので、東京句会に〈夾竹桃太陽老ゆることのなし〉〈きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて〉を出句したところ、どちらも高得点だったそうだが、不死男が採ったのは前者だったそうである。

『季語別松尾隆信句集』(2017)より。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  2. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】…
  3. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  4. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】…
  5. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  6. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  7. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  8. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】黄水仙
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  5. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  7. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  8. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  9. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  10. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

Pickup記事

  1. 【#26-3】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
  2. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  3. 【夏の季語】梅雨入
  4. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  5. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  6. 【夏の季語】蜘蛛
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  9. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  10. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
PAGE TOP