ハイクノミカタ

また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

また一人看取の汗を拭いて来し  

三島広志 

掲句が収められた句集の序文で、黒田杏子が夏井いつきを「日光菩薩」とするなら、三島広志は「月光菩薩」だと書いている。

ふたりはほぼ時を同じくして句縁を得たが、夏井がいかなる理由から「日光」かは、誰もが知るとおり。

一方、三島の句集には、寡黙な言葉のなかに、深い感情が閉じ込められているような句が並ぶ。

鍼灸や指圧を生業とする作者だが、在宅で看取り介護をされていた患者の最期だろうか。

「また一人」という言葉で、死と向き合うことが日常的な職業にささやかな、つまり太陽ではなく月ほどのひかりを当て、決してそれを美化することなく描く誠実さが感じられる。

『天職』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  2. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  3. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  4. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】…
  5. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  6. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  7. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  8. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP