ハイクノミカタ

また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】

また一人看取の汗を拭いて来し  

三島広志 

掲句が収められた句集の序文で、黒田杏子が夏井いつきを「日光菩薩」とするなら、三島広志は「月光菩薩」だと書いている。

ふたりはほぼ時を同じくして句縁を得たが、夏井がいかなる理由から「日光」かは、誰もが知るとおり。

一方、三島の句集には、寡黙な言葉のなかに、深い感情が閉じ込められているような句が並ぶ。

鍼灸や指圧を生業とする作者だが、在宅で看取り介護をされていた患者の最期だろうか。

「また一人」という言葉で、死と向き合うことが日常的な職業にささやかな、つまり太陽ではなく月ほどのひかりを当て、決してそれを美化することなく描く誠実さが感じられる。

『天職』(2020)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  2. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)…
  4. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  5. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  6. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】…
  7. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  8. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の野
  2. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  4. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  6. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  8. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  9. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  10. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】

Pickup記事

  1. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  3. 【冬の季語】冬の川
  4. 秋の川真白な石を拾ひけり 夏目漱石【季語=秋の川(秋)】
  5. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  6. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  7. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  8. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】
  9. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  10. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
PAGE TOP