ハイクノミカタ

カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】


カンバスの余白八月十五日

神野紗希


神野紗希が高校3年生のときの作で、第4回俳句甲子園の最優秀句に選ばれたこともあって人口に膾炙している。おそらく、終戦記念日を季語として使った句では、現在もっとも有名な句だろう。二つの名詞をつなげただけのシンプルな構成だが、それだけに読み手の想像力に「余白」を生み出す。ついぞ最後まで描かれることなかった未完の絵に対する哀悼と、あるいは未完の絵であるがゆえの未来への開かれと。

ところで「終戦」か「敗戦」かはさておき、8月15日が「終戦の日」と呼ばれていることから逆算して、この日に「戦争が終わった」という思い込みは、今の日本ではかなりの程度、共有されている。私自身、大学のときに佐藤卓己の『八月十五日の神話』(2005)を読んで、玉音放送は815文字だった、という話を見た途端、それがいかにメディアに「創られた神話」であったかを知って目から鱗がこぼれおちた。公文書的にいえば、8月14日が「終戦」であり、ミズーリ号の調印(アメリカの対日戦勝記念日)は9月2日なのである。

「8月15日=終戦」が一般化したのは、戦後10年にあたる1955年の報道に端を発していると佐藤はいう。この10年の間に、サンフランシスコ講和条約、さらには第五福竜丸事件の起こった1954年に広島平和記念公園(翌年には原爆資料館)ができたことで、「敗戦=占領」と分かち難く結びついている9月2日ではなく、お盆の時期である8月15日が、8月6日とともに「平和=終戦」を称える日として、国民的記憶の醸成に貢献してきたのだ。

その意味では、「八月十五日」という季語を「平和=終戦」の象徴として使う、あるいはそう読み取ってしまうのは、いわゆる「55年体制」というレジームの範疇だ、ということができる。しかし、それは私たちの「忘却」の上に成り立っているということもまた、忘れてはならない。「カンバスの余白」は、わたしたちが考えている以上に、まだまだ大きいのではないか。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(…
  2. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  3. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  4. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  5. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  6. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  7. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  8. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】

おすすめ記事

  1. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  2. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  3. 【冬の季語】小春日和
  4. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  5. 数と俳句(一)/小滝肇
  6. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  7. 動かない方も温められている 芳賀博子
  8. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  9. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  10. 【冬の季語】枯木立

Pickup記事

  1. 愛情のレモンをしぼる砂糖水 瀧春一【季語=砂糖水(夏)】
  2. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  3. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  4. 【夏の季語】花火
  5. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  7. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  8. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  9. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  10. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
PAGE TOP