ハイクノミカタ

五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】


五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 

村上鞆彦


「五月雨や」という上五は、どうしたって「大河を前に家二軒」という蕪村の名句を惹起する。

その文学的記憶に、作者は生活のなかの小さな命のありようを配した。夏の季語でありながらもどこかマイナーな「蛾」によって、上五の古風な切り出し方に拮抗するイメージの力を喚起する。

この句を読んで「古臭い句だ」「江戸じゃあるまいし」とまあ、そんな声も聞こえてきそうである。

だが、ちょっと待て。「古いもの」の上位に「新しいもの」を置こうとするのは、資本主義社会に毒された人間の、悪い癖だ。

おそらくそういう人のいう「新しいもの」は来年を待たずして「古臭く」なっている。

時代を超えて普遍的な景を詠んでいることも魅力だ、といえばすむ話ではないか。

この「アナクロニズム」は、俳句という文芸では、重要な要素でさえあるのではないだろうか。

『遅日の岸』(2015)所収。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  2. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  3. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  4. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  5. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】…
  6. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】
  7. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  8. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

おすすめ記事

  1. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  2. 【夏の季語】夏座敷
  3. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  5. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  7. 【冬の季語】小寒
  8. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  9. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  10. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  2. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  3. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  5. 【夏の季語】酢漿の花
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  8. 【春の季語】涅槃図
  9. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  10. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
PAGE TOP