ハイクノミカタ

五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 

村上鞆彦


「五月雨や」という上五は、どうしたって「大河を前に家二軒」という蕪村の名句を惹起する。

その文学的記憶に、作者は生活のなかの小さな命のありようを配した。夏の季語でありながらもどこかマイナーな「蛾」によって、上五の古風な切り出し方に拮抗するイメージの力を喚起する。

この句を読んで「古臭い句だ」「江戸じゃあるまいし」とまあ、そんな声も聞こえてきそうである。

だが、ちょっと待て。「古いもの」の上位に「新しいもの」を置こうとするのは、資本主義社会に毒された人間の、悪い癖だ。

おそらくそういう人のいう「新しいもの」は来年を待たずして「古臭く」なっている。

時代を超えて普遍的な景を詠んでいることも魅力だ、といえばすむ話ではないか。

この「アナクロニズム」は、俳句という文芸では、重要な要素でさえあるのではないだろうか。

『遅日の岸』(2015)所収。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  2. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  3. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  4. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  5. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】…
  6. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  7. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  8. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP