ハイクノミカタ

月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】


月光にいのち死にゆくひとと寝る

橋本多佳子


一度だけ、仮通夜をしたことがある。

大学を卒業してまもなく、祖母が亡くなったときのことだった。

通夜の前日、祖母の安置されている葬儀場の一室で、何年も会っていなかった従兄弟とふたりで、布団を並べて一夜を過ごしたのだった。

もちろん、掲句の「いのち死にゆくひと」というのは、必ずしもまだ亡くなっているとはかぎらない。

自宅で療養中の親族と、今夜が最期かもしれない、という思いで床につく、という状況としても読める。

むしろ、「死にゆく」は、字義通りに受け取れば、まだ死んではいないのだから、そのほうが自然な読みかもしれない。

しかし、消灯した大きな部屋のなかで、一夜をともにした祖母は、わたしにとって、まさに「いのち死にゆくひと」だった。

その日の朝、祖母の自宅で息を引き取った祖母と対面したとき、母親が「なんだか、まだ爪が伸びているみたい」と呟いた一言が脳裏からはなれず、まるで子供が初めて「死」ということを意識するときのように、「心臓が止まっても、人間ってまだ生きてるんだなあ」と、とても素直に思ったのだった。

正確には、あれは夏の終わりの夜のことだったと思うけれど、暗い斎場の部屋には、まぎれもなく月の光が差し込んでいた。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】
  2. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  3. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  4. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  5. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  6. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロー…
  7. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  8. ほこりつぽい叙情とか灯を積む彼方の街 金子兜太

おすすめ記事

  1. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  3. 【新年の季語】春の七種(七草)
  4. 【夏の季語】入梅
  5. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  6. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  7. 【冬の季語】煤逃
  8. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  9. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】

Pickup記事

  1. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  3. 【春の季語】余寒
  4. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  5. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  6. 【夏の季語】夏館
  7. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  8. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  9. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  10. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
PAGE TOP