ハイクノミカタ

朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝顔の数なんとなく増えてゐる  

相沢文子 


毎朝通る道で朝顔を見ると、昨日よりも増えている、ような気がする。朝顔の花はきっと数えられるほど少なくないし、そもそも暑くて数えるなんて億劫だから、誰もが経験しているのは、まさにこんな感じだろう。しかし、毎日同じ道を通って職場に行くというルーチーンのなかでは、こんな「なんとなく」さえも気づかずに生活を送ってしまいそうになる。代わり映えのしない毎日だけど、こうしたちょっとした変化に気づくだけでも、前向きになれるというもの。忙しい朝に、ん、と立ち止まったとたん、時間の流れがゆっくりになってゆく。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  2. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  3. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  4. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  5. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  6. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  7. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  8. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP