ハイクノミカタ

朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】


朝顔の数なんとなく増えてゐる  

相沢文子 


毎朝通る道で朝顔を見ると、昨日よりも増えている、ような気がする。朝顔の花はきっと数えられるほど少なくないし、そもそも暑くて数えるなんて億劫だから、誰もが経験しているのは、まさにこんな感じだろう。しかし、毎日同じ道を通って職場に行くというルーチーンのなかでは、こんな「なんとなく」さえも気づかずに生活を送ってしまいそうになる。代わり映えのしない毎日だけど、こうしたちょっとした変化に気づくだけでも、前向きになれるというもの。忙しい朝に、ん、と立ち止まったとたん、時間の流れがゆっくりになってゆく。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  2. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  3. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  4. 熟れ麦はほろびのひかり夕日また 石原舟月【季語=熟れ麦(夏)】
  5. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  6. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  7. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  8. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】

おすすめ記事

  1. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  2. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  4. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  6. 【冬の季語】煤逃
  7. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  8. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  10. 【冬の季語】忘年

Pickup記事

  1. 主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな【季語=新樹(夏)】
  2. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  3. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  4. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  5. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  6. みづうみに鰲を釣るゆめ秋昼寝 森澄雄【季語=鯊・秋昼寝(秋)】
  7. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  8. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  9. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  10. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
PAGE TOP