ハイクノミカタ

流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

流しさうめん池田澄子を逃れくる

水内慶太


きっと夏の俳句大会か何かの余興で、池田澄子といっしょに「流しさうめん」を食べる機会があったのだろう。もちろん内容としても面白いのだが、よくよく句のなかで考えてみると、「池田澄子」という名前は、じつに「水」のイメージが豊かであることに気づかされる。本人にお会いしたことがないので想像だが、そうめんが器用に掬えなくても「あらあら、やっぱりむずかしいわね」なんて飄々としていそうな感じである。この慶太さんの句集のタイトルは『水の器』(2019)。やっぱり「水」だらけだ。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  2. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  3. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  4. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
  5. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  6. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  7. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  8. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉

おすすめ記事

  1. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  2. 【秋の季語】秋暑し
  3. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  4. 【冬の季語】冬の薔薇
  5. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  6. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  7. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋
  8. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  9. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  10. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】

Pickup記事

  1. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  3. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  4. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  5. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  6. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  8. 少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女【季語=鶯(春)】 
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  10. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
PAGE TOP