ハイクノミカタ

流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

流しさうめん池田澄子を逃れくる

水内慶太


きっと夏の俳句大会か何かの余興で、池田澄子といっしょに「流しさうめん」を食べる機会があったのだろう。もちろん内容としても面白いのだが、よくよく句のなかで考えてみると、「池田澄子」という名前は、じつに「水」のイメージが豊かであることに気づかされる。本人にお会いしたことがないので想像だが、そうめんが器用に掬えなくても「あらあら、やっぱりむずかしいわね」なんて飄々としていそうな感じである。この慶太さんの句集のタイトルは『水の器』(2019)。やっぱり「水」だらけだ。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  2. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(…
  3. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  4. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  5. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  6. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  7. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】…
  8. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP