ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【ラジオ】

ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】

◆ひさしぶりの配信になります。今回は、麒麟が酔ったときに介抱をしてくれる「あの人」が関西からゲストで登場。オバケや妖怪のことなど、関西の秘密結社的勉強会「醍醐会」のこと、俳句結社の「きっちり」度合いのこと、そしていつものようにお酒にまつわるエピソードなどなど。ここで聞けないどうでもいい俳句談義が聞けます(たぶん)。


○久留島元さんが麒麟との銀漢亭話を語る!
「神保町に銀漢亭があったころリターンズ」第13回

○久留島元さんの連載
「久留島元のオバケハイク」

○もちろん各種ポッドキャストからも絶賛配信中!

Apple Podcastをお使いの方

Spotifyをお使いの方

Google Podcastをお使いの方

Anchorをお使いの方

Amazon Musicをお使いの方

Youtubeでご覧になりたい方(チャンネル登録もお願いします!)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  8. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬
  2. 【冬の季語】冬蝶
  3. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  6. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  7. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  8. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  10. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】桐の花
  2. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第66回】 秩父・長瀞と馬場移公子
  4. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  5. 蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に 林雅樹【季語=蝌蚪(春)】
  6. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  7. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  9. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  10. 【秋の季語】秋刀魚
PAGE TOP