連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ


春にんじんのキャロット・ラペ

Carotte de printemps rapée


毎月農家さんに頼んでいる直送野菜に、春にんじんが入ってくるようになりました。

人参はほんらい冬の季語ですが、春にんじんは水分が多くて柔らかく、生でもおいしいのが特徴ですね。

わたしはよくキャロット・ラペにします。フランスの定番常備菜サラダ。
千切りにしたにんじんをヴィネグレットで和え、クミンを強めに効かせるのがわが家の好み。
フレッシュなシェーヴルのチーズを添えれば、軽やかな前菜のひと品にもなります。

葉つき人参なら、葉はかき揚げに。サクッとほろ苦くて、これもまたおいしい。

揚雲雀空のまん中ここよここよ  正木ゆう子

季語【揚雲雀】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。

*キャロットラペのレシピはこちら。https://cookpad.com/recipe/2099168?view=classic#share_url


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  3. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  4. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  5. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【予告】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  2. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  3. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  5. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  7. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  8. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  10. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】

Pickup記事

  1. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  2. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  3. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  6. 【春の季語】鳥の妻恋
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
  8. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  9. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  10. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
PAGE TOP