「いつき組」

  1. 白玉やバンド解散しても会ふ 黒岩徳将【季語=白玉(夏)】

    白玉やバンド解散しても会ふ黒岩徳将行動制限が徐々に拡大。直後はまだ慎重だったが最近では「そろそろ久々に…」と集う機会が増えてきた。いや、激増した。個人的にもつい先日同窓会に参加した。きっかけ…

  2. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】

    はるかよりはるかへ蜩のひびく夏井いつき メディアとは情報伝…

  3. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】

    きりんの子かゞやく草を喰む五月)杉山久子)いつの間にか五月…

  4. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】

    水底に届かぬ雪の白さかな)蜂谷(はちや)一人(はつと)(『青でなく…

  5. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)

    2021年10月で、セクト・ポクリットも1周年!ついにポッドキャスト(インターネッ…

  6. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)

  7. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津

  8. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】

  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将

おすすめ記事

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  2. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明
  3. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  4. 【夏の季語】サングラス
  5. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=蛍(夏)】

Pickup記事

  1. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  2. 【新年の季語】人の日
  3. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  4. 【春の季語】白魚
  5. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
PAGE TOP