「畦」

  1. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】

    冴返るまだ粗玉の詩句抱き上田五千石 この原稿を書いている今、東京には大雪警報が発令されている。私の生活圏も例外ではなく、普段とは違う景色を見ることができた。などと呑気なことを言っていられるのも在宅勤…

  2. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】

    バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ上田日差子(『忘南』) 日…

  3. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

    冬ざれや父の時計を巻き戻し)井越芳子 今期(2023年冬)…

  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石

    【第38回】信濃・辰野と上田五千石広渡敬雄(「沖」「塔の会」)…

  5. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】

    水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石紫陽花の花が色づき始…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世

おすすめ記事

  1. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  2. 【冬の季語】寒い
  3. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】
  4. 【冬の季語】寒木
  5. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  2. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
  3. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  4. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  5. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
PAGE TOP