「街」

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を推薦いただき、掲出するコーナーです。このページの句のなかから、推しの一句を選んでご鑑賞いただく読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」は…

  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】

    毎月が俳句年鑑! 前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(最大)7句」を…

  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】

    毎月が俳句年鑑! というわけで、前月に刊行された俳句結社誌・同人誌の最新号から「(…

  5. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】

    菜の花の斜面を潜水服のまま今井聖明るくさびしく、どこか懐か…

  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】

  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】

  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】

  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】

  11. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】

  12. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  2. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  4. 【冬の季語】納豆
  5. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】新蕎麦
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  3. 【冬の季語】白息
  4. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  5. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
PAGE TOP