「静かな場所」

  1. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】

    菱形に赤子をくるみ夏座敷対中いずみ対中いずみさんとはじめてお会いしたのも、『木簡』の読売文学賞受賞を祝う会であった。いずみさんは『静かな場所』や『週刊俳句』での連載「空へゆく階段」などによって、田中…

  2. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】

    水吸うて新聞あをし花八ツ手森賀まり色ってグラデーションだ。…

  3. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】

    湯の中にパスタのひらく花曇森賀まり掲句を一読して思い出した…

  4. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

    片足はみづうみに立ち秋の人藤本夕衣私は俳句のほかに合唱もや…

  5. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 

    対岸の比良や比叡や麦青む)対中いずみ『水瓶』つい先日友だち…

  6. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 

  7. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 

  8. 【#35】俳誌に連載させてもらうようになったことについて

  9. 【連載】歳時記のトリセツ(5)/対中いずみさん

  10. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】

  11. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】

おすすめ記事

  1. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  2. 【冬の季語】歳晩
  3. 【#14】「流れ」について
  4. 【冬の季語】咳
  5. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  4. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  5. 【新年の季語】元日
PAGE TOP