「魚座」

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎

    【第36回】銀座と今井杏太郎広渡敬雄(「沖」「塔の会」)慶長17(1612)年、徳川家康が駿府から銀貨鋳造所を移した地・銀座は、明治期は赤煉瓦・ガス灯の欧米風の街並みとなり、関東大震災、戦災で崩壊後…

  2. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】

    戸隠の山より風邪の神の来る今井杏太郎(『今井杏太郎全句集』2018年))…

  3. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】

    温室の空がきれいに区切らるる飯田 晴温室と聞いてすぐに浮か…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP